エンタメ・本

【毒親系】な話にしくしく胸が痛む(書評)「向日葵のある台所」秋川滝美

先日読み終わった本をご紹介します。

向日葵のある台所は毒親本でした

毒親系だと知って借りてきたのだけど
こちらまでしくしくさせられてしまうんです。

内容

折り合いの悪い母との生活で垣間見えた、一筋の光とは――。

森園麻有子(46歳)は、中学2年生の葵と二人暮らし。ある日、自分勝手な姉から、倒れた母を引き取って欲しいと電話があった。実家と折り合いが悪く、極力関わらないようにしてきたのに――。不安が募る中、疎遠な状態だった母親との生活が始まる。唯一の救いは、自分の味方である葵が、祖母の扱いが上手なこと。しかし、目をそらしたい現実はすぐそこにあって……。肉親だからこそ許せなかった過去に、麻有子は決着をつけられるのか

アマゾンより

感想

毒親を持つ身のわたしとしては 
後半の実母の姿はあまり無いのだろうと思います。

極論を言えば、この本自体をわたしの実母に読ませたい・・かも。

あちこちに出てくる主人公の気持ちは 痛いほどわかり、
しくしく傷みました。

ただ、もしかしたら

この時代にはこういう親が多かったのかもしれない・・と思いました。

 

子どもと自分の関係を見れば 子育てがどうだったのかわかる

誰かが誰かに甘えるのは、それが許されると信じているからだ

P277より

(毒親から回復したけど)いまだにわたしは
やはり母とゆっくりと話しをしたいと思うことは少なくて
余程、心に余裕があるときだけです。

甘えようとしたこともほぼなくて
避けたい一心でした。

いっぽう息子たちは、結構わたしに甘えてくれている・・・

ことりんご

子育ては間違っていなかったのだなとホッとします。

 

それさえも「母を反面教師にしてきたから」と言うと
この話と重なるんですけどね。

まとめ 向日葵のある台所は毒親本でした

 

気になる方はぜひ、
読んでみてくださいね。

わたしは「秋川滝美」さん初読みでした。

¥748 (2021/09/19 13:23時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

こちらもおすすめ!

壮絶な毒親関係から逃れたいあなたに参考になる内容になっています。

女の子がうずくまっている
#毒親 誰でも虐待は隣り合わせかもしれない「坂の途中の家」を観て#毒親 誰でも虐待は隣り合わせかもしれない「坂の途中の家」を観ての感想を書きました。 お母さんになったことのある人に観てほしい話です。 愛しているのにワンオペで大変すぎて追い詰められて「毒親」になってしまった話かもしれません。...

  にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ

毒親ランキング あなたのクリックがわたしの励みになります。
ABOUT ME
ことりんご
毒親から卒業しました! 自分の人生は誰にも邪魔されずに好きに生きていいんです。 もしあなたが不自由に感じてるなら、回復のお手伝いをさせて下さい。
★この記事を最後まで読んでいただいて ありがとうございます!

 

にほんブログ村 家族ブログ 毒親へ


毒親ランキング

もし面白かったや参考になったと少しでも感じて頂けたら上記のバナー2種類をクリックして応援していただけないでしょうか?

あなたのクリックがわたしの励みになります。
また次の記事でお会いしましょう!

お話しませんか?

毒親育ちの相談にのります。回復をお手伝いします こころからの自由をあなたに。誰にも邪魔されず好きに生きよう!